2017年6月27日火曜日

犬と病気 

sns離れではないけれど
どうも携帯やパソコンの光が苦手です
歳かな。。

パトラも歳なのか、、

保護犬なんで年齢不詳だけれど
家に来てからもう10年 おばあさんかな
あまり攻撃的ではなくなり 近所の猫に負けてしまうことも
走らなくなってきたし
体調管理しないと、、パトラが亡くなったら私もティガーも大変です

去年から
私が経験した癌という病気で大変な人(sさん)のサポートをしています
サポートといっても 犬のよっちゃんがらみでで知り合いになった
同じ癌で抗がん剤の副作用が強く出ていて精神的にも身体もとにかく辛い方です

身の回りの世話、、掃除やら犬の散歩やら たまに、なんですが。

癌患者の会とか 癌になった頃はよく行き
薬の副作用であったり心の持っていき方なんか 意見を聞いていましたが
わかってくれる人がいるというのは癌患者にとって
すごく支えになります、こればかりは同じような経験をした人でないとわかりません

癌になったことはほとんどの方は伏せておきたいのですが
私の場合はすぐに広まり田舎の友人も知っていてかなり嫌だった
ネタになってしまうんですね
悪い噂は声小さくも広まりは大きいもんです


sさんも抗がん剤だけでもキツイのに
ネタにされ憶測で ⭕️⭕️だったから癌になったんだろう、と言われているのを
聞いてしまったそうで全くそう言われる覚えがないのに
そう思われていたことがショックで抗がん剤の
副作用を倍増させてしまったようです
そこを全く気にしないということが出来ればいいのだけど
ボロボロの心は何も信用できなくなったようです

でもsさんは22日に亡くなられた麻央さんのブログを読みだして
引きこもっていてはダメだと強く感じたらしく
心を元気にしたい、と強く思うようになってます
人一人の気持ちを見事に変えた麻央さんすごいな〜と私も感動しました
実は私もブログ見ていてお祈りしていました ただ、、
病気と闘う日常のなかに 海老蔵さんの優しさ、愛がすごくて
羨ましすぎて 
旦那によく 海老蔵を見習えといったものです

本当 心から麻央さんのご冥福とご家族の心の回復もお祈りしています

それと犬のよっちゃん 犬、、動物はいいですね
心の回復に大いに役立っているようで 告知されてしばらくは
地獄に突き落とされたと言ってましたが
よっちゃんの姿に笑みが多くなり よっちゃんの散歩をしなきゃ
という目標が出来ているようです。


もう20年ほど前だけどレオってシーズ犬を飼っている頃
世田谷だったかどっかの病院にレオを連れて行き
入院患者の人たちが犬と触れ合うというイベントに
参加したことがあって
訳もわからないまま遊んで帰ってきたけど
動物療法たるものは たしかにありかもしれない。。
犬や猫と人間 病気であったり 捨てられたり 飼い主をなくしたり
心が傷ついている時 互いにいつのまにか助け合っているなんての
いいですね、、

ただ犬猫のボランティアで里親募集の場合
どうしても病気の方への譲渡は規約でむずかしい
高齢者も無理なんだよな
高齢者といっても今や60代は元気な人も多いのですが、、だいたい60歳以下とある。
病気であっても一括りで病気ではダメとせず、高齢者でも、、
元気な人もたくさんなわけでそこをわかってサポートできる立場というか
環境作りもしてあげれれば、と感じています
ん〜本当むずかしい。
私の実家で飼っていた犬も父母亡くなってからは
寂しい思いをしていたのを兄貴が車で宮崎から長崎まで連れいき
今は長崎で暮らしているらしい、、私が飼うよ!とは言えなかったもんな
ボランティア側は
病気の人や高齢者が犬猫を手放した現実を見てきた訳だから、、
どちらの立場もわかるな〜























2016年12月14日水曜日

パトラとティガー

あっと言う間に残り半月で2017年
びっくり。


今日は”生き物にサンキュー”と言う番組で
ドイツに住む女性とアルゼンチンの
野良犬君の話を見て感動した
すでにyoutubeで話題のようです
ハチ公物語も何度見ても号泣するけど、、


https://youtu.be/xGQv4_g7_cQ


犬を飼うとき人間が犬を飼い犬として
決めるのが当たり前のようだけど
この野良犬君は女性を飼い主と決めたのか
何か運命を感じたようだ

我が家のパトラも
茨城のボランティアさんが保護したが
なかなか飼い主が決まらず
東京にいる私が預かり、里親探しを
することになったんだか
里親候補者の体験預かりでは
テーブルの下に隠れ動かなかったという
そんなことが何回かあり
我が家の家族に迎えいれたのである
パトラも私を飼い主と決めたんだろう、
と思った、それからもう10年近く
我が家で威張って暮らしている
運命を感じている
元気に長生きしてほしい

ティガーは?

ティガーはきっとパトラの友犬としての
運命があったみたいだ
パトラとティガーの間には間違いなく
友情があると思う
良き友だ。
そして大事な家族になっている




2016年10月8日土曜日

預かり犬の脱走


3匹いるよ↑

先週は暴れん坊犬がいて大変でした
可愛いんだけど、、
なんと2階から飛び降り自殺、、ではなく飛び降り脱走をはかり
心臓が飛び出る思いをしました
窓に鍵をかけ忘れ少しだけ外出している時でした、、

私は行きそうな場所を自転車走らせ大声を出し探していましたが
そこに娘が暴れん坊犬を抱きかかえ立っていて
まるでスーパーマンのように見えました
とにかく見つかりよかった 
怪我一つしていなかったのが不思議

預かり犬の脱走は何度か経験したんだけど、、
ジェロも桃太郎も、、ジェロは追いかけている途中
私が釘を踏み足に大怪我したことも、、ジャンプして覆い被さり捕まえたのよね
犬達が無事だから良いものの
気をつけなくてはなりません脱走は
命を預かってるんだから。

しばらくは預かり恐怖症です。。






2016年9月6日火曜日

残暑だな〜

朝の散歩を文句ひとつ言わずやってくれる娘は夏休み終了で
いつも通り朝は 娘がティガー、私がパトラ担当となる

朝 起きるのが面倒で9時過ぎになってしまい
パトラの体に負担がかからないかと、反省

←ティガー見えるかしら。


ティガーは目の下にしこりができて病院では経過観察と、、
癌?と心配してたけど しこりは消えた〜
良かった!!!

パトラは3週間ほど前にサマーカット
私はトリマーさんに顔まわりと体の毛をバリカンで短く
足の毛 尻尾はそろえる程度
と指示したつもりが
足もバリカン入れられ それは面白い格好になり
しばらく散歩が恥ずかしく感じたけど
パトラは涼しいみたいで良かったのかな
でもやっぱりバランス、、笑える。。。ハイエナ?エロババア?

まだまだ残暑が続きそう 皆様 熱中症に気をつけてください






2016年5月21日土曜日

たまに預かるトイプードルちゃん




















トイプードルってよく跳ねる  脱走が怖い。

ティガーにもトイプードルの血入っていたかな。。

2016年5月3日火曜日

犬達

ご近所ボランティアをしていたワンコが里親さんが
決まり旅立ちました、やはり里親さんが決まると嬉しいもので
幸せになるんだよ!という気持ちで一杯になります

以前預かりをしていた可愛いエリザちゃんも元気だという
お話を聞いて嬉しい
タバサやパーシー他の犬たちみんなに会いたいわ〜

最近は仕事もプライベートも忙しくちゃんと花見に行けずでしたが
なんとか花びらが落ちかけの代々木公園へ
花びらの絨毯みたいで、それはそれなりになり綺麗でした
犬たちは花には興味ないけど。。

パトラは外に出かける楽しみに拾い食いがあるようで
常に食べ物を探しカフェや美容院の入り口で座り込み食べ物を恵んでくれんかの〜
と言わんばかりに店員達を見つめ尻尾をフリフリ
可愛いけど迷惑です